WFS-Tempeh the Great

先週、WFSのテンペのワークショップに行ってきました。
念願の初参加、期待を大きく膨らませての参加でしたが、期待を大きく上回ってくれました!

実を言うと私にとって、テンペは別段好みというほどでもない、これといった魅力を感じる素材ではなかったのですが、今回のクラスで、グッと身近でかつ頼もしい存在となってくれました。
まさにテーマどおり「偉大なるテンペ」!
利用しやすいし、手頃だし、栄養的にも優れものです。
納豆が苦手な私には特に。

まずテンペの作り方から。
大豆に限らずどんなお豆でもでき、作り方もとてもシンプルなので、早速家でも作りたいですね~(小豆や黒豆のテンペなんて素敵)
特に手作りのものは市販のものと比べ物にならない美味しさだそうです。

さて今回の料理メニューは、 
・バリ風 ガドガド with 照り焼きテンペ
・テンペ・ロール
・初夏のサラダ with テンペのクリーミー・ドレッシング
(写真はデジカメを忘れてしまいましたのでなし。。残念。。m--m)

私は照り焼きグループになりました。
フライパンで焦がしてしまいがちな照り焼きも、先生の方法ならそんな心配もなし。
黄金色に輝く見た目にも美しい照り焼きの出来上がり☆
これに合わせるガドガドソースの材料も、ちょっと思いつかない意外な組み合わせ...
でもこれがテンペと野菜と抜群の相性でした。

テンペロールは「生春巻き」でしたが、私のつぼにピタッとはまりました。
生春巻きは基本的には好きなのですが、時々お店で注文すると期待はずれだったりするので、自分で上手に作れるようになりたいなと思っていたのです。
先生のレシピは繊細な味の中にもアクセントが効いていてこれからの夏にぴったり。
特にソースがこれまた美味しく、サラダドレッシングなど他にも色々活用できそうです。

サラダもめちゃうまでした。
デパ地下でありそうな、いかにも女心をくすぐるおしゃれなサラダなんです。
でもどこにも売ってない、ので自分で作るしかないです!

今回は美味しい上に直ぐおうちで作れるものばかりなので、本当に役立ちました。
(生春巻きは早速週末に作ってしまいました)
あと主役以上にソースやドレッシングなどの引き立て役が重要ということに気づけたのも大きな発見です。
これで料理全体の美味しさが決まるといっても過言ではないのでは。。と思いました。
例えばファッションでも、洋服よりも靴やアクセサリーなどのワンポイントが全体の雰囲気を左右するほど大切なように。

WFSの今回のワークショップ、もちろんマクロビのお料理教室なのですが、マクロビということに限らず「料理する」上で大切なことに気づくことが出来た、貴重な経験となりました。
最近マクロビ料理でマンネリ-スランプ-疑問-等々に直面していた私にはとっても必要なものだったのではと思います。
久しぶりにお会いできた方と帰りに色々とお話できたのも楽しかったです。
天野先生、ご一緒した方々、どうもありがとうございました!
[PR]
# by Bell_Well | 2005-05-23 18:13 | マクロビオティック

中華料理あれこれ <陰陽をかたどった火鍋?>

さて、北京でのお食事、基本的には毎食外食でした。
中国だから、もちろん中華料理!というわけで行ったお店は全部中華なのですが、中華と一言で言っても、
北京料理、四川料理、広東料理、香港料理、湖南料理、雲南料理、チベット料理(これは中華ではない?)
などたくさん種類があります。
なので約1週間の滞在でしたが、まったく飽きることなく毎日中華料理を美味しく頂きました。

さて、まず最初の夜は火鍋。
これは四川料理なので、辛いです。
c0073677_16554584.jpg

写真にあるとおり、鍋が真ん中で区切られて2種類のスープで食べます。
見たとおり、赤いほうが激辛、しかもこの中にブラのレバーの塊がいくつも隠れていて、これには参りました。。
白いほうはねぎやクコの実、しょうがなどいろんな薬味が入っていて、味も白湯スープといった感じで、私はひたすらこちらで頂きました。
具は、豆腐(乾燥したもの、2種類)、湯葉、豆苗、川魚(名前忘れました)、キノコなどです。

鍋を食べに行く、ということで、私は「最初の食事だし、あっさり系でいいかも~」なんて思ったのですが甘かったです。
鍋は鍋でも日本のものとは全然違う!
日本で鍋といえば基本的にはヘルシーなイメージですが、この鍋はスープで油も入ってるのでコクがあり、結構重たいです。
まあ野菜はいっぱい食べられるし、炒め物よりはオイルは少ないですが...

それにしても、この鍋の区切り方、陰陽っぽい、ですよね。
もちろんマクロビとはまったく縁なしでしたが。^^ゞ
[PR]
# by Bell_Well | 2005-05-13 16:55 | 中国

北京に行ってきました!

行く前は中国での反中デモに巻き込まれたらどうしよう~、石投げられたらどうしよう~、とちょっとびびっていましたが、まったくその心配は無用でした。
クレヨンしんちゃんのTシャツを着ている若者もいましたし、日本料理店もちゃんと営業していました。

中国に来るのはこれで三度めですが、北京は今回が初めて。
想像以上に広大でスケールの大きいところでした!
世界遺産の紫禁城(故宮)、万里の長城だけでなく、公園なんかにしても、ほんと広々、というか広すぎて筋肉痛になりました。。

でも今回の旅、ほんと楽しかったです。
日本では上海がホットな場所としてよく取り上げられますが、私は結構北京のほうが好きかも。。
上海も面白い街ですが、北京は結構緑も多くて憩えるスポットがたくさんあったのです。
あと、なによりも北京で嬉しかったのは、街の人達の愛想がよかったこと(笑)。
笑顔がキュートで、なんと見知らぬ通りがかりの私にニコッとしてくれた人もいました!
以前上海に行ったときはかなり無愛想な店員にカルチャーショックを受けた私だったので、これはとっても嬉しかった!

もう一つ良かった点としては、トイレが綺麗だったこと。
日本の基準からするとちょっと厳しいのですけど、でもそれでもなかなか清潔になってるところが多かったように思います。
お手洗いって、なにげにかなりのウェイト占めていますよね、その場所をもう一度訪れたいと思うかどうかにおいて。
おそらくオリンピックを目指し、国を挙げてトイレ改革推進中なのではと思います。。

さて、お食事ですけど、日本からは旅のお供として梅醤番茶と黒大豆ジンガー、干し梅を持っていきました。
欲張って玄米パックとかも一瞬考えたのですけど、とにかく荷物を減らしたかったので、この程度にとどめておきました。
結果から言うと、まったく問題なしでした!
私がかなりゆるゆるマクロであることも幸い(?)したのか、とくにお腹を壊すこともなく無事過ごせました。
出来るだけお肉類は控えましたけど、油料理(炒め物、揚げ物)、砂糖系(スイーツ、お茶)はまあほぼ毎日採っていましたから。。
mondocafe75さんも書かれていたように、「さっぱりした肉料理」か「油っこい野菜料理」、どっちを取るか?という状況にはなってましたが(笑)

ちょっと長くなりましたので、今回はこの辺にしたいと思いマス。
また詳しいお料理等については後日書きたいと思います~。
[PR]
# by Bell_Well | 2005-04-30 12:14 | 中国

少食考

なぜ私はこうも意志が弱いのか、なぜこうも毎回お腹いっぱい食べてしまうのか。
と悶々とした気持ちをつづった前回に引き続き。

とりあえず考えてばかりいても仕方ないので、色々試行錯誤してみることにする。
第1ラウンドとして、
(「少食を目指すからには) とりあえず「量」だけ重視、他は基本的に無視。
好きなもの、ほんとは避けたほうがいいといわれているものであっても、どぉしても食べたいのであれば、我慢しない。
食べても可とする。この際、食事内容は二の次!

食べたいもの:
*ルヴァンのクロワッサン (バター入り) (一応全粒粉ではある)
*吉祥寺のドイツパン:リンデのベジタブル&チーズサンドイッチ (ほんっとに美味しい、ここのパン。。)
*三浦屋のかぼちゃプリン(卵、砂糖入り) (以前常連でした)
*マンゴー&ココナッツミルクのハーゲンダッツ (今シーズンの新製品、今朝電車の吊り広告で目ざとく見つけてしまった。。)

とここまで書いたものの、今は適度にしかお腹がすいていないので、これ以上想像力は膨らまず。。

その代わり!腹7~8分目で箸を置く。ここが重要。
そしてこれは、マクロビ的にはNGなどとは考えない。食べてる間も食べた後も前も。
美味しく楽しくありがたく頂くことにのみ専念する。

まずは、完璧を目指すことをやめる、我慢をやめる、というのが一応ポイントになるのかな。
なんだかんだ言っても、美味しいものが大好きな性分、我が恐るべき食欲を甘く見てはいけない。。
だから、かなり異端ではあるけどこの方法で一応やってみよう。。
こんな方法、他の誰にも勧められません、、
[PR]
# by Bell_Well | 2005-04-18 18:03 | マクロビオティック

中毒

といっても、アルコールやタバコではありません。
私の場合は「Addicted to 食べ物」です - - ;

どうも私の場合、ゼロか百かみたいなところがあって、ちょっと食べ過ぎると
「あ~、もう今日はいいや。もうこれだけ食べたんだから、あとは好きなだけ食べちゃおう」
と、なし崩し的に落ちてしまう。

特に夜ご飯。
なぜか、夜は食欲もりもりになって、しかも甘いものが食べたくなる。
1日2食にしている人でも、夜はバラエティに富んだ食事にする、というようなことを聞いたのを都合よく覚えていて、
「夜は好きなだけ食べていいのさ~」
と、まるで一人伝言ゲームのようにいつの間にか微妙に(?)内容が転換されてるんですよね。

でも決まってその後はお腹いっぱいで思考力低下。

食べ過ぎる傾向にあるのは、基本的に陰性陽性に傾いているもの。
玄米も好きだけど、おかずを食べ過ぎてしまいます。
無意識のうちに、今までの習慣を続けてしまっているみたいです。
マクロビを始める前までは、カロリー計算もしていたし、出来るだけ品目を多く(30品目が理想!)と考えていたし。
それがどうも潜在意識に刷り込まれているようなのです。。

穀物を半分以上にすること、をとりあえずの目標としてみます。
これで解決になるのか分からないけど~

こう書いてみると、食べ過ぎから解放されていない、成長してないじゃーん!私。
少食のみなさん、ゼヒトモその秘訣を教えていただきたいです。
[PR]
# by Bell_Well | 2005-04-12 18:30 | マクロビオティック

もし月がなかったら

なんて、今まで考えたこともありませんでした。
でも、なかったらどうなるのか?

地球は地球でなくなります。
具体的にいうと、まず地球の自転軸が常にふらふらと大きくぶれ続けます。
南極が砂漠になり、赤道直下のアフリカが雪と氷に覆われる。
海面は上昇して、陸の大部分が失われる。
考えただけで、ちょっと地獄絵を連想させるものがありますよね。。
月の重力があるからこそ、地球の自転が一定方向に保たれているのだそうです。
実際、月が出来たからこそ地球上に生命が誕生したそうです。

月-地球にとってなくてはならない存在。
地球上にあるすべてものが常にそのエネルギーを浴びていて、生理学的にも行動の面でも、知らずと大きな影響を受けている...
マクロビを始めてから、ことに月の満ち欠けや動きを意識するようになったけれど、あくまでも感覚的なもので、あまり科学的な点からは考えてはいませんでした。
だから、正直言うと、一種の占いというような感じを持っていて、完全には信じ切れていなかった。
あるいは、影響は受けているのだろうと思いつつ、一種の自分の意志でどうにでもなる、と勝手な傲慢な考えを持っていました。

女性の月経周期と月齢の関係。
満月に事件が多いこと。
新月は新たなことをはじめるのによいスタート。etc...

私たち人間も、もとはといえば海で誕生した生物。
海の中の生物は、産卵する時期、活動を始める時期、など潮の満干と対応していて、それはすなわち月の重力によっている。
個体発生は系統発生をなぞるというから、そういったことは現代の人間である私たちもそのままそっくり当てはまることになるんですね。

本当に、こういうことを知れば知るほど、マクロビオティックにつながってきますね。
全体で考えること。宇宙とのつながり。
そして、そういうものをちゃんと感じ取れるようになりたい、と思いマス。

ちなみに、月は毎年、約4センチメートルずつ地球から遠ざかっているそうです。
今から数十億年のうちに、月が地球の衛星でなくなってしまう可能性もあるそうです。
まあ、そんな気の遠くなるような先のこと、心配してもだけど…

そして月が遠ざかるにつれ、地球の自転は遅くなり、1日の長さは延びてゆくのだそうです。
一日が25時間、26時間あればいいな~
その分、眠りたい (あくび)
と、また自分の都合のいいように考えてしまうぐーたらな私なのでした。
[PR]
# by Bell_Well | 2005-04-11 18:14 | 宇宙

アラビアンナイト

そしてクラスの後、ブニャンシカさんの家でエスニックパーティー!
家主のブニャンさんとアトピー星人さん、Rちゃん、Iさん、Oさんでわいわいと楽しく頂きました。
c0073677_1848775.jpg

写真のとおり、色合い的には、エスニックというか、アラビアンナイトですね。

メニューのほうは、一番下から時計回りにいくと、
・テンペとセイタンのKorean焼き肉
・大根のしょうゆ漬け
・生春巻き(全粒粉クレープとライスペーパー)、ピーナッツソース&スパイシーソース添え
・レンズマメとコロコロ野菜の中近東サラダ
・ピーナッツとオニオンフライのVietnamライス
・葉野菜とにんじんの白和え
・ヒヨコマメのディップ、天然酵母パンとともに
・ファルファレと温野菜onキャベツソテー
・根菜のインドスパイシーカレー
・彩り野菜のナムル

とこうして書くと改めてすごいなあ、この量。^^ゞ
(こんな貧相な名前には不釣合いなほど美味しいお料理でした。みなさんごめんなさい。)

それにしても、みなさんのお料理のセンスと腕前に圧倒されました。
ほんと見た目だけでなくて、味も抜群によかったです。料理上手な友達をもって幸せ~(食い地丸出しですね 笑)
最初、テーブルにも乗らず「絶対に食べきれないよ!」といっていたのですが、完食した上、デザートまで食べてしまいました。
(この後にブニャンさん特製のきなこ豆乳ラテ、抹茶とマーマレードの蒸しパン、よもぎ白玉の黒ゴマ汁粉が続くのです。これがまた優しく体にしみこむような味わい~)
畏るべし、底なし胃袋。

甘いものは別腹っていうけど、マクロビ対応の胃袋ってのも、いくつかお腹の中に隠してあるんじゃないかと錯覚するほどでした☆
[PR]
# by Bell_Well | 2005-03-22 18:50 | マクロビオティック

What's Macrobiotic

この連休はマクロビ三昧でした。
20日に九星気学、月曜日はWhat's Macrobioticとエスニックパーティー。
忙しくも充実したお休みでした。

さて、まずはWhat's Macrobioticについて。

見よう見まねでマクロビを始めてようやく半年以上経つわけですが、基礎からきちんと学ぶのは初めて。
「百聞は一見に如かず」ですね!
今まで私はほとんど本・ネット、仲間から得る知恵袋etcの情報でここまでやってきたといってもいいのですけど、やはり基礎がグラグラしていたのだなと実感しました。
文字にすると落とされてしまう細かい、でも重要な情報が生の講義では得られます。
野菜はたわしで洗うのかな。
保存方法は?
お米の研ぎ方は?
などの基礎的なことの他、先生の体験談などでハッとさせられることが多々ありました。

何より私が一番感銘を受けたのは、調理技術的なことよりも、もっと本質に関わるマクロビオティックの考え方でした。
たとえば、食べ物をはじめとして、この世のすべてのものを慈しむ気持ち、感謝する気持ち。
頭では分かっているつもりでしたが、まだまだ私は「感謝」が足りないんだなあと実感しました。
食べ物で言えば、「栄養素」とか「カロリー」などなど、「情報」の端切れをたくさん集めて、何も分かっていない頭をつぎはぎしていた感じ。
でもそうじゃない、食べ物はものすごい宇宙のエネルギーと歴史の上に作られたものなんだ、と。
食べ物は単なる物質ではない。
そう考えると、野菜やお米たちに「顔」がぽっと浮かび上がってくるようで、自然と「ありがとう、よしよし」と声をかけたくなってくるのです。

「食べ物は丸ごと、皮ごと食べなきゃ」「百回は噛んで食べないと」

どうして?
「だって陰陽バランスがいいし、皮に栄養が集まってるから」「避けたほうがいいもの"毒性"が中和されるし、消化もいいから」

いえいえ、そうではなくて、
「たべものさんがここまで育って、命を差し出してくれているから。まるごと大切に味わって食べたいから。」

私が、ついつい食べ過ぎになりがちなのも、そうやって大切に味わうことをいつしか忘れていたからなんですね。
いかに荒っぽくおおざっぱに生きてきたか。反省~

さて、こうしてせっかく気づいたことを今だけで終わらせないように、どうすればいいか。
食べ物に声かけて、よしよししてあげようか。
怪しいけど、感謝の気持ちがもっと自然に湧き出るまではやってみようかな。。。
[PR]
# by Bell_Well | 2005-03-22 18:18 | マクロビオティック

頭のよくなる食事

プログ書き始めの3日間、書きたいことがどんどん思い浮かび連続更新できていたのに、今週に入って更新が既にまばらに。
原因のひとつは、急にここ数日仕事が忙しくなり、疲れてPCに向かう元気がなかったこともあるのですが、時間的な問題、疲れて体力がなかった、ということ以外に、、書きたい文章がなぜか思い浮かばない!
文章を書くためのクリエイティブさ・想像力がなくなってるのです。

それは、疲れてて頭が回ってないんだよ~、ともいわれそうですけど、一応仕事は普段どおりには出来ているはず。。
夕方に疲れてるとしても、特に普段とは変わりません。
ただ、、私は典型的なパソコン相手の仕事で、特に数字・表計算・システム等々「左脳」系(脳みそつかってるとすれば)のお仕事。
ほとんど一日中数字とデータの羅列とにらめっこしています。
つまり、想像力とか企画力系の「右脳」がずーっとお休み状態になってるうちに、機能低下?
停止?に陥っていた、という感じなのです。

これって、マクロビ的に言えば、思いっきり収縮・陽性になってるんですよね。
デスクワーク系の仕事って、職種にもよるでしょうけど「陽性」系が多いのかな。
だから仕事後のお酒やら甘いものは美味しいと感じる人が多いのでしょうね。
「陰性」さでバランスをとろうとしているのですね。

それはさておき、脳の話に戻ると、食べ物によって特定の能力が伸びたりするらしいですね。
確か九司先生の本にも、人並みはずれた計算力がある、でも対人能力(コミュニケーション力)が低下していた男の子の話が出ていたと思います。
お母さんが毎日レモンと卵とチーズ(合ってたかな?)を食べさせていたということが原因で、バランスの取れた食事にしたら健康を回復出来た。
良好な人間関係も築けるようになった。ただ、天才的な計算力はなくなってしまったようです。

これを聞いて、私は思わずなりたいものに効く食べ物を食べればいいのかな~、と安易な期待を持ってしまいました。^^ゞ
(私は語学力に効く食べ物が知りたいです!笑)
でも、偏った食事を続けてたらいつかツケが来るのは分かってるし、健康を害したら元も子もないし。

それに、ちゃんとマクロビを実践していれば、「頭が良く」なります。
「何でも頭にスーッと入った」り、「集中力が増した」りします。
という、魅力的な報告がたくさんあるので、まずはとりあえず、バランスのいい標準食を続けなくては。
何せ「例外」が多すぎですから、私の場合。。。爆
[PR]
# by Bell_Well | 2005-03-17 17:08 | マクロビオティック

おやきとStuffed Cabbageなど

c0073677_18195782.jpg


昨日の夕食です。

*白滝と和野菜の白胡麻丼
*野沢菜味噌おやき
*もずく味噌汁

c0073677_18231565.jpg


と、母が作った「Stuffed Cabbage with Shrimp & Vegetable Sauce」。

私が作ったのはマクロビといえども、否・理想的、非・標準食メニュー。
丼ぶりもの、ご飯とおかずは一緒くたにしないほうがいいということなので、ちょっと手抜きのクイックディッシュです。

おやきは1 Dayでならったものを基本に作ってみました。
但し、全粒粉がなかったので、国産地粉で作った為、白っぽい出来上がりです。
中身は定番おかず素材の野沢菜です。
先日、スペシャルオリンピックスに参加する為、長野に1週間ほど行ってきたのですが、滞在中2日に1回の割合でおやきを食べてました^^ゞ
善光寺の周辺にはたくさんおやき屋さんがあって、中身も豊富。
にら、野沢菜、なす、きのこ、きゃべつ、あんこ、かぼちゃ、etc
ほとんど制覇してしまったかな。
おやきは、あの素朴な感じが大好きで、食べているとほんわか幸せな気持ちになりますね。
長野では、おやきは各家庭ごとの味があって、中身だけでなく、蒸したり焼いたりと調理法もいくつかあるようです。

母が作ったものは、マクロビではありませんがなかなかですよね~。
キャベツをメインにしたドイツ料理で、新聞に掲載されていた写真を人目見て気に入って作ったとのこと。
ロールキャベツっぽいですけど、中には大きくカットしたきのこや野菜がごろごろ入っています。他に海老やら鶏肉も入っていますが、野菜が主体なのでとても軽い味わい。
彩りと形が綺麗で、とても美味しく頂きました。
今度、中身をきびとかあわに替えて試してみようかな。あと、彩りのトマトも。。でも火を通してるし、ま、いいかな。

こうしてみると、なんだかとっても無国籍?というか、全体のバランスはどうなの?という感じになってしましましたが。。
でもこだわりすぎて、マンネリズムに陥っては、かえってバランスをくずしてしまいますよね。
美味しく楽しくが一番大事、と思うので○印、としたいと思います m--m
[PR]
# by Bell_Well | 2005-03-15 18:33 | マクロビオティック